フランチャイズと言うのは利点がいくつもあります

ノウハウを買うことができます

フランチャイズ企業と言うのは、加盟店をそれで増やします。そうして、スケールメリットを得ようとしているわけです。すべての業務のマニュアル化を実行しています。そして、それを提供しているわけです。例えば代表的なのがコンビニになります。コンビニは典型的なフランチャイズ形式での商売になります。直営店もありますが、コンビニはフランチャイズが多いです。これまで培ってきたコンビニのノウハウを買うことができるわけです。

看板を汚さないことです

フランチャイズ本部として、加盟店に求めることは、同じ質のサービスを常に提供する部分です。ですから、逆をいいますと差をつけるようなことはしたくないわけです。してはいけないようになっています。例えば前述のコンビニであればその店にしかないサービス、と言うのはやってはいけないわけです。但し、最近ではかなり柔軟になっていることは確かです。それで看板を汚さないように行動できるならば認めるタイプのフランチャイズも増えています。

新しいことや差異をつけること

同じ品質のサービスを提供できる、と言うのがフランチャイズ店の良いところです。但し、今ではかなり差意をつけることができる場合もあります。商売のやり方と言うのは常に進歩するからです。アメリカ式の完全にトレースされた店の増殖よりも個性を多少は見せた方が利益が全体として上がる、という考え方が認められつつあるわけです。それでも、これはフランチャイズ本部次第になります。起業するときには本部の方針をよく聞くことです。

代理店は、本店を代理し営業活動を行う店舗のことで、保険業界を中心に採用されています。店舗は商品やサービスの営業活動と契約手続きまでを担い、契約後は本店の事業部や営業部がサービスに責任を負います。