人間が担ってきたシステムをコンピューター化するためのシステム設計とは?

誤解されやすいシステムエンジニアの仕事内容

システム開発というものには、システムエンジニア(SE)とプログラマーという異なる役割を担うITエンジニアが参加することになります。SEはシステム設計、プログラマーはプログラミングという異なる作業を行うよう、役割分担がなされているために、同じITエンジニアにもこの二つの職種というものがあるのです。しかし、この役割分担は一般人にはわかりにくいものであるために、システムエンジニアといえばコンピューターのプログラムを作る人、というように誤解されている場合がよくあるのです。

システムエンジニアの仕事内容が誤解されてしまうわけ

今ではコンピューターというものはプログラムというソフトウェアで動いている、という認識は漠然としたレベルではあるものの、一般人の間でもほぼ常識となっていると言っていいでしょう。そのために、コンピューター・システムの開発といえば、そのプログラムを作ること、といったように受け止められてしまうので、システムエンジニアというコンピューター・エンジニアはプログラムを作る人、といったイメージを持ってしまうのではないでしょうか?

一般人にはわかりにくいシステムエンジニアの仕事

従来までは人間が担ってきたシステムを、コンピューター化しようとする場合には、人間が担ってきたシステムというものを体系化して設計を行い、それをコンピューターが実行できるように組立て直さなければなりません。この作業がシステム設計というものなのですが、この設計作業というものを経なければ、コンピューターが実行することのできるプログラムというものを作ることはできないのです。このシステム設計という作業を担うのがシステムエンジニア(SE)なのですが、この作業の意味はなかなかに理解の難しいものなので、SEの仕事というものは一般人には分かりにくいものとなっているのですね。

notesのマイグレーションとは、IBMのグループウェア・notesを新しいシステムや環境に移行することです。ま旧バージョンのnotesから新バージョンのnotesへ移行するさいにも使われています。