起業を決意した時に用意すること!!その三つの要素

経理のやり方についてのこと

起業をすると決意したら、その商売について考えるのも良いですが、まずは学ぶことがあります。それが経理のやり方です。つまりは、簿記であり、会計であるわけですが、これは自分でやった方が良いです。人に任せる方法もありますが、色々と経営指針にすることができるわけですから、データとしての見方は知っていたほうが良いですし、帳簿は自分でつけるのが基本です。本業とは関係ないですが、必要な処理、作業になりますから学ぶことです。

タイミングを見計らうこと

どんな商売にも機というのがあります。また、長く続けることができるのか、という問題もあります。ですから、起業を決意したからといって、すぐに行動するのがベストとは限らないわけです。大きな経済状況の流れもあるでしょうし、資金的な問題もあります。数年はお金を貯めてから、と考えるのもありです。事業である以上、リスクは避けて通ることはできないですが、基本的には時期を見計らって行動をするのが起業の十重要なポイントです。

資金についてのことも

起業においては、三つの要素が大事になります。それが商売の内容、将来性、そして、資金源です。まずは資金を集める事が重要になります。素晴らしいアイディアや商売の種があったとしても資本金がないことには始められないからです。そこで借金をするのか自己資金を貯めるのかによって、行動の速さが変わってきます。借りることは悪いわけではないです。事業計画書を作り、認められたら問題ないです。しかし、ベストなのは自己資金になります。

フランチャイズとは一方が自己の商号や商標、自己の商品、営業ノウハウを提供して他方に営業してもらいます。提供に対価を払うことで成立する事業形態のことをいいます。