データ転送は無線LANとモバイル端末による時代へとさらに進化して・・・

通信回線によるデータ転送から無線による転送の時代に

データの転送方法は、データ記録媒体を介した転送から始まって、通信回線やネットワークを経由した転送へと進化しました。これがさらに、無線でのデータ転送となって、ちょうどラジオやテレビの放送のように、通信回線がなくてもデータの転送ができるようになっているのです。しかし考えてみれば、ラジオやテレビの放送というもの自体が、音声や映像によるブロードキャスト、という無線による大容量のデータ転送で成り立っているものなのですね。

移動しながら無線LAN経由でデータ転送を・・・

今や無線LANというものが当り前のものとなってきた時代で、コーヒーショップの店先に座って、ノートパソコンでブログ記事を書いている、といった人も珍しくはなくなってきました。こうした場合には、無線LANでかなりの量のデータを転送していることになりますから、まさに通信ケーブルというものを介さない、無線でのデータ転送が日常的なものになっている、ということなのですね。無線LANにはローミングという機能もあるので、ノートパソコンを持って移動をしながらでも、無線LANが使えるエリアであれば、どこからでもインターネットにアクセスすることができてしまうのです。

日常のデータ転送は無線によるモバイル端末で

インターネットへのアクセスは、今やノートパソコンどころか携帯電話やスマホといったモバイル端末で十分、といった時代となっています。さすがに、こうしたモバイル端末では、何ギガバイトといった大量のデータ転送を行うには無理がありますが、日常的なデータ転送はこうした無線によるモバイル端末で行われている時代、となっているのです。こうして、出先ではモバイル端末やノートパソコンによる無線でのネットアクセスで、自宅ではADSLなどによる有線でのネットアクセス、といった使い方をしている人も少なくないわけですね。

大容量ファイルをUSBメモリー等を利用して移動させる場合、購入するUSBメモリー等は容量も重要だが転送速度にも注目した方が良いです。